AWS SAA勉強記 4日目(セクション3)AWSの概要

2022/6/25

●今日までの進捗(全体423)

32/423


●今日終了時点の進捗

/423


実施したこと

AWSの概要・仮想化の理解

クラウドを理解

AWSの仕組みを理解

 

①仮想化を理解

 

・Docker型…仮想化ソフトウェアの部分にDockerエンジンを使う。

 特徴 

 ・ゲストOSを使用しない

 ・各種環境設定をコード化して管理する

  →コードファイルを共有することで同じ構築が容易。

 

 

・SDI…ソフトウェアによってコード化されたインフラ構成を実現する機能。

   …コードによってインフラを構成。ソフトウェアのように柔軟な構成が可能に。

    →ビジネスの変化に応じて即座に対応できる。

 

 

クラウドを理解

 ●クラウドの3つのサービス形態

  ・Iaas

   …インフラ部分だけ借りる

  

  ・Paas

   …インフラとミドルウェアくらいまで借りてくるよ。アプリケーションは自分たちで作成する。

 

  ・Saas

   …クラウドアプリケーションを使用する

    ERPとか結構身近にある。

 

 ●クラウドの3つの提供形態

  →自社所有/他社所有を軸に考える

  

  ・オンプレミス

   …自社所有

 

  ・プライベートクラウド

   …自社所有でサーバを買うが、ハード・ソフトを事業部や子会社間で共同利用。

 

  ・パブリッククラウド

   …外部のクラウド業者のものを利用する。

 

 

AWSの仕組みを理解

 以下を組み合わせて利用する

 EC2…サーバ

 ELB…ロードバランサ

 RDS…データベース

 VPC…ネットワーク

 Route53…DNS

 S3…ストレージ 

 

合計200以上のサービスがある。

 

 

 

AWSのグローバルインフラ構成

 ・リージョン

 …データセンタが集積された地理的なロケーションのこと

  複数のAZで構成。日本には東京と大阪(災対用)がある

 リージョンによって使えるサービス/値段に違いがある 

 

・AZ(リージョンの中に配置)

 …1つ以上のデータセンターで構成された論理的なデータセンターのグループ

 

 ・エッジロケーション

 …グローバルにコンテンツ配信に利用されるロケーションのこと。

 

 ・ローカルゾーン(リージョンから遠い場所から使うためのもの)

 …レイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションをエンドユーザーにより近い場所で実行するためのロケーション

 

 ・Wavelength Zone

 …5Gネットワークを利用した高速アプリケーションを開発できるロケーションのこと。

 

 

 

AWSは全体の32%のシェアを誇る(Azureは十数%)

かつ、技術的にもほかのクラウドサービスがAWSに追いつくのは不可能

  →クラウド化を考える際はAWSファーストにならざるを得ない。

 

 

 

 

 

 

AWS SAA勉強記 2日目(セクション2)

2022/6/22

●今日までの進捗(全体423)
20/423


●今日終了時点の進捗
29/423


実施したこと
Day1対応

①多要素認証(MFA)の有効化
②管理者用のIAMユーザーの作成
AWS Cloud Trailの有効化
AWS請求アラートの有効化


①多要素認証(MFA)の有効化

   ・rootユーザー
    …EメールとPWでログインするrootアカウント
     →rootユーザーにMFAを追加する
     IAMダッシュボードよりMFAを有効に。


②管理者用のIAMユーザーの作成
 ・管理者権限を持ったIAMユーザーを作成する
  ユーザー→ユーザーの追加
    
  発行されたアクセスキーとシークレットアクセスキーでCLIなどにログインする。

 

AWS Cloud Trailの有効化
 ・AWS Cloud Trail
  …AWSユーザーの操作をロギングするサービス
   ・ログファイルは暗号化されてS3に保存
   ・KMSによる暗号化もサポート
   ・デフォルトでは90日間保存される
   ・Cloudwatchで分析できる

AWS SAA勉強記 1日目(セクション1 試験とAWSの全体像の理解)

2022/6/20

 

●今日までの進捗(全体423)

0/423

 

●今日終了時点の進捗

14/423

 

実施したこと

①東京リージョンでインスタンスの作成

Teratermでのサーバ接続

インスタンスの削除

④アソシエイト試験概要

 

インスタンスの作成

OS…AmazonLinux

インスタンスタイプ…micro

 インスタンスタイプ…メモリやCPU

VPC…デフォルトのVPCがすべてのリージョンに作成されている。

パブリックIP…サーバにアクセスするIP

タグ…名前

セキュリティグループ…アクセス制限

 

キーペア…インスタンスにアクセスするための認証キー

 一度作成すればほかのインスタンスでも使いまわせる

 

ここまででインスタンスの作成、立ち上げまでできた。

 

Teratermでのアクセス

アクセスにはパブリックIPを使用する

ユーザー名はすべてのインスタンス共通で「ec2-user」

認証は先ほど作成した鍵でログイン

 →ログイン完了

 

※ちなみにマネジメントコンソールから接続も出来るようになった

EC2 Instance Connect」を選択する事で認証の必要もなく接続できる。

 

 

●アソシエイトの試験概要

・求められる能力

①顧客要件に基づいてアーキテクチャ設計原則を使ったソリューションを定義する

②PJのライフサイクル全体を通じて、ベストプラクティスに基づいた実践ガイダンスを組織に提供する

 

 

 

 

 

AWS SAA勉強記 0日目

2022/6/20 AWS SAAの取得に向けた勉強開始

 

教材:Udemyの以下(2440円課金)

【2022年版】これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座 | Udemy

 

これを毎日動画をみて勉強する

 

目標:2022/7/31

Python独学勉強 1日目

0日目のブログにも記載した通り、京都大学のプログラミング演習の資料を参考に進めていきます。

 

こんなのが無料で見れるなんて便利な時代だなと思いました(すごい)

 

まず、教材では以下の環境を想定していた。

 

 基本ソフトウェアとして Windows 10
Python の配布パッケージとして Python バージョン 3 で構成された Anaconda
Python統合開発環境としてAnaconda に含まれている IDLE
個人所有の PC についてはそれぞれ Anaconda をインストールしてください

 

そのため、以下のページよりanacondaをインストールした。

 

アナコンダ|個人版 (anaconda.com)

 

インストール後にanaconda promptを起動するとWindowsコマンドプロンプトに似た画面が表示された。

 

そこでidleと打つと、メモ帳のような画面が表示された。

どうやらこのメモ帳のような画面で色々行うらしい。

 

試しに文字aに計算結果をあたえてみた

 

>>> 
>>> a = 1 + 2
>>> a
3
>>> print(a)
3
>>> 

 

aとするのとprint(a)とするのは同じなのだろうか…?

 

今日はここまで

 

 

 

 

 

Python独学勉強 0日目

今日(2022/2/23)から独学でPythonを習得していく。

 

現在IT(SE)になって3年目。会社の最初の研修で2か月くらいJavaをやったがほとんど記憶にない。

現在はインフラエンジニアとして働いているが、インフラエンジニアの勉強もしつつpythonの勉強も頑張りたい。

 

目標は1年後にどんなに小さくても案件を貰えるようなレベルまでになりたい!

 

 

参考にする資料

京都大学のプログラミング演習

Version2021_10_08_01.pdf (kyoto-u.ac.jp)